漢方薬剤師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

MENU

漢方薬剤師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

漢方薬剤師とは、数ある薬剤師の仕事の中の一つで、漢方薬を専門に扱う薬剤師の事を指します。

 

とはいっても、通常の薬剤師との違いは、漢方薬を扱うかどうかというところだけなので、通常の薬剤師同様、ドラッグストアや調剤薬局、製薬会社など様々な就職先があります。

 

ドラッグストアや調剤薬局での主な仕事としては、漢方薬の調合や販売です。

 

通常の薬剤師同様、患者の処方箋に基づいて調剤を行ったり、その薬の効果や副作用などを患者に詳しく説明したりします。

 

また、ドラッグストアなどでは漢方薬などとは直接関わりのない店舗内でのサービス業としての接客業や、立場にもよりますが店舗運営業務などを行うこともあります。

 

ただ、漢方薬剤師の場合、通常は病院からの処方箋で薬を調合しますが、それ以外にも直接患者の症状を聞いてその症状にあった漢方薬を調合する事もあるようです。

 

それ以外の漢方薬剤師の仕事内容としては、製薬会社の漢方薬を使った新薬の開発や化粧品の開発などです。

 

化粧品に関しては、テレビCMとかで見る機会もあると思いますので、企業名もいくつか思い浮かぶのではないでしょうか。

 

また、これら薬や化粧品の開発以外にもその開発された商品の営業や臨床試験などを行うこともあります。

 

結論として、漢方薬剤師とは、薬剤師としての知識を有しながら、その名の通り漢方薬の専門知識も有している薬剤師であり、扱える薬の種類が通常の薬剤師よりも幅広い薬剤師であると言えるのです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談