残業、夜勤、土日休み・・・漢方薬剤師の実態は?

MENU

残業、夜勤、土日休み・・・漢方薬剤師の実態は?

漢方薬剤師には残業、夜勤があるのでしょうか。

 

また、休日はちゃんと週2日もらえるのでしょうか。

 

 

■漢方薬剤師の残業
漢方薬剤師が勤める漢方薬局は、大手チェーンのドラッグストアのような夜遅くまで営業しているようなところはほとんどなく、大抵の漢方薬局の営業時間は調剤薬局と同様、朝8時頃〜夜19時頃までです。

 

そのため勤務時間はその営業時間内で8時間程度の勤務となります。

 

多少の残業が発生する日もあるでしょうが、基本的には残業はほとんどありません。

 

 

■漢方薬剤師の夜勤
漢方薬局は上記の通り、夜19時頃までしか営業していませんので、夜勤はありません。

 

 

■漢方薬剤師の休日
休日は勤務する漢方薬局によってある程度のばらつきがあります。

 

その漢方薬局が土日も営業しているような薬局であれば当然土日も勤務となりますが、そういった店舗の場合でも大抵週2日程度定休日が設定されています。
※「木曜日、日曜日休み」等。

 

そのため土日にきっちり休めるかというと、そういうわけにはいかないかもしれませんが、突然の休日出社などは基本的にないと考えてOKです。

 

 

一言で言ってしまえば、漢方薬剤師の残業、夜勤有無、休日等については、基本的に調剤薬剤師と同様です。

 

勤務時間も休日もある程度固定化されていますので、プライベートに重点を置きたい人や子育て中の人にとっては都合のつきやすい職業であると言えます。

 

ただ、夜勤や残業がほとんどないことの裏返しで、そういった勤務をしたときに発生する手当等はほとんどないため、年収ベースでみると薬剤師の中でも若干低い部類になります。

 

失敗しない就職、転職をするためには、このあたりの事も総合的に考えて決めるようにしましょう。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談