企業で働く薬剤師の給料は高い?【月収・平均年収】

MENU

企業で働く薬剤師の給料は高い?【月収・平均年収】

企業で働く薬剤師の年収はどのようになっているのでしょうか?そして、企業で働く薬剤師の年収は他の薬剤師職と比べてみると安いのか、高いのか。

 

今後企業で働く薬剤師に転職や就職を考えている人であればどれくらいの給料がもらえるのかということは絶対に調べておきたいことですよね。ということでそんな人たちの役に立てばと思い調べてみました。

 

実際のところどうなのかというと、高い場合もあるし安い場合もあります。何を都合の良い回答をしているんだと思うかもしれませんが、実際そうなんです。

 

企業で働く薬剤師の場合、行う仕事は薬品開発や社内で行うデスクワークと、外で完成した薬などを営業する仕事の二種類となります。この二種類の後者のほうが高い年収をもらえるのですが、これも「比較的」高いという前提があるのを忘れないでください。

 

営業職の場合、給料の大部分が営業成績によって左右されます。ですから、平凡な営業成績しか出せない企業薬剤師と営業成績トップの企業薬剤師では当然年収も変わってきます。

 

一般的に両者の差は200万円ほど開くそうですから、営業成績次第で企業で働く薬剤師の年収は高くも安くもなるのです。結構厳しい世界なんですね。

 

なので、営業成績が悪い、営業に自信がない、という人は薬品開発のほうが向いているかもしれません。年収的には500万〜600万前後ですから、生活に困るなんて言うこともありません。ただ、最初は誰しも営業を経験させられるのがセオリーです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談