製薬会社で働く薬剤師の給料は高い?【月収・平均年収】

MENU

製薬会社で働く薬剤師の給料は高い?【月収・平均年収】

製薬会社で働く薬剤師の給料は高い。そんな話を聞きました。製薬会社で働くって、なんだか給料も高そうな響きがしますしね。そんな話は置いておいて実際のところはどうなのでしょうか?

 

調べてみたのですが、そもそも製薬会社で薬剤師として働くといっても色々あるみたいです。単純に開発などに関わるのか、或は完成したものを営業して売るのか。基本的には後者の方が高給取りにはなれるみたいです。

 

参考までに他の薬剤師職の年収も掲載していきたいと思うのですが、病院薬剤師が350万円〜450万円くらいだそうです。薬局薬剤師は多少開きがあって400万〜600万くらいが平均だそうです。

 

そしてお待ちかね、製薬会社の薬剤師の年収になりますが、これが大体600万円〜700万円くらいまでいくんだそうな。他の薬剤師職と比べてみてもその額が大きいのはわかりますよね。ただ、他の仕事との決定的な違いもあります。

 

製薬会社の薬剤師で尚且つ営業として働いた場合、営業成績をどれくらい残せるかで給料が大きく変わってくる。これが一つ目の違いです。そしてもう一点、製薬会社の薬剤師は薬剤師というよりも営業マンに近いという事です。

 

しかしこういった違いはあっても製薬会社の薬剤師の給料が高いのは事実です。薬剤師資格を持っていて、尚且つ営業などにも興味があるという人は一度製薬会社の薬剤師に挑戦してみるのも良いかもしれません。最初は慣れないかもしれませんが、意外に自分にはその仕事が向いていた、という場合も結構ありますからね。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談