残業、夜勤、土日休み・・・企業で働く薬剤師の実態は?

MENU

残業、夜勤、土日休み・・・企業で働く薬剤師の実態は?

企業で働く薬剤師の勤務形態はどのようになっているのでしょう?働いてから自分が思っていた勤務形態と違っていた、なんていうことになったら取り返しがつきません。

 

業種ごとにある程度勤務時間や勤務形態には特徴がありますから、必ずしも当てはまるとは限りませんが参考にしてみてください。ということで、今回は企業薬剤師の勤務形態というものを考えてみたいと思います。

 

まず、残業などですが、これはほぼ間違いなくあると考えてみて良いでしょう。企業薬剤師に限らずとも残業なんていうのは普通にありますし、残業がなければ残業手当も出ないので給料もその分下がってしまいます。

 

次に夜勤ですが、これは反対にほぼ間違いなくない、と考えて問題ありません。企業薬剤師の場合、MRといった営業を行う場合や、社内で新薬や新製品の開発を行う場合と大きく二つあります。

 

しかし、何れの場合でも夜勤はないでしょう。第一に深夜は会社自体に鍵を閉めるから残ることはできないし、営業においては深夜に営業活動を行うなんて話にならないのでこちらもありえません。

 

そして、土日の休みですがこれは企業によって変わってくるでしょう。日曜を休みにしているところは多いですが、営業の仕事は土日が稼ぎ時、なんて言いますからね。もしかしたら平日休みにしているところもあるかもしれませんから、このあたりは事前にしっかり調べましょう。

 

と、こんな感じで書いて見ましたが、基本的に企業薬剤師の勤務形態というのは一般的な会社と大きな変わりはなさそうです。ですから、薬剤師、というよりも会社員というニュアンスのほうが勤務形態としてはしっくりくるかもしれません。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談