製薬会社の薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える

MENU

製薬会社の薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える

仕事を選ぶ場合には何を基準に選ぶでしょうか。自宅からのアクセスやその仕事に対する興味、或は給料などが挙げられると思います。しかし、意外に見落とされがちなのがその仕事に対する自分の適性という項目です。

 

その仕事が自分に対して適性のあるものなのかどうなのか。これっえとても大切ですよね?しかし、働く前から自分に適性があるのかどうなのかを考えても仕方がないのではないかと思う人も多いかと思います。

 

実際それはその通りなのです。しかし、製薬会社の薬剤師の場合は勿論の事、大半の企業面接などでは面接官は就活生には自社で働く適性があるのかどうなのかを見ています。そして当然適性がある人を積極的に採用し、そうでない人は不合格となる場合が多いです。

 

つまり、働き出す前からすでに適性は評価基準に入っているのです。では、製薬会社の薬剤師における仕事の適性とはなんなのかというと、一つは営業能力です。製薬会社で働く薬剤師の場合には営業を行う場合が多いです。

 

ですから、単純な薬剤師としてのスキル以外にもコミュニケーション能力、外回りでの体力面なども非常に重視されます。そういう能力が自分に備わっているのかどうなのか、一度考えてみてください。

 

ただ、コミュニケーション能力はいきなりどうにかするのは難しいかもしれませんが、体力などは事前に作っておくことができますから、ランニングが趣味だとか、スポーツをしていたとか、何かしらストロングポイントを作っておきましょう。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談