製薬会社で働く薬剤師の転職法!小論文の書き方・テーマ・例文

MENU

製薬会社で働く薬剤師の転職法!小論文の書き方・テーマ・例文

製薬会社で働きたいと思い、面接などを受ける場合、時には面接以外の課題が出される場合もあります。小論文などもそのうちの一つです。製薬会社の薬剤師で入社試験に小論文がある場合、どのように対策を立てれば良いのか。

 

いざ課題が出てからその場の流れで乗り切る、というのは中々無謀だと思います。なので、今回は事前に小論文の対策を立てる際のポイントなどを書いていきたいと思います。そもそも、小論文というのを書いたことがあるという人はあまりいないと思います。

 

高校や大学の入試などで人によっては書いたことがある、という人もいるかもしれませんが、入社試験などとなるとまた勝手が変わってきます。製薬会社の薬剤師の場合、小論文の課題はどのようなものが出るのか。

 

少し関連する問題などを調べてみましたが、一般的にはその時々の時事問題などが多いようです。勿論、時には薬剤師に関する専門的な題材が出題される場合もあるようですが、基本的にはそんなに専門知識は必要ないみたいですね。そうなると結果を左右するのは基本的な文章能力です。

 

小論文のポイントとしては、事前に自分の主張をはっきりさせ、それに沿って論理展開をしていくことが大切になってきます。ですから、最初と最後で主張が変わってしまう、なんていうのは言語道断です。そして、基本的な句読点などの打ち方も重要視されてきます。句読点が正しく打たれていない文章は読みにくいですから、読んでいても疲れてしまいます。

 

反対に読みやすい文章であれば内容も当然頭の中に入ってくるので、面接官から好印象を受けることができます。そういう文章を書くためにはとにかく小論文を書くこと、そして、可能ならば文章を沢山書いている人、書きなれている人にその文章を添削してもらうことが好ましいです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談