辛くない?製薬会社で働く薬剤師の勤務時間を調べてみた

MENU

辛くない?製薬会社で働く薬剤師の勤務時間を調べてみた

勤務時間というのはとても大切です。一週間、一か月のうちに自分が何日働いて、そして何日休めるのかが決まるわけですからね。製薬会社の薬剤師の場合を今回は考えていきたいと思います。

 

製薬会社で薬剤師として働く場合、その勤務時間は辛くないのか、ということが今回のポイントです。そもそも何を基準に辛い、辛くない、というのは個人の主観も混ざるところなので一般的な土日の休みや夜勤の有無、残業などを基準に考えたいと思います。

 

先ず、夜勤についてですがこれはないと考えてよいでしょう。もしかしたら例外的に夜勤制度を設けている製薬会社もあるかもしれませんが、私は見たことがありません。これは求人探しをしていれば自ずとわかることだと思います。

 

次に残業です。一時間二時間程度の残業は最近はどこの企業でも存在します。なので、製薬会社で薬剤師として働いた場合にもこれは覚悟した方が良いかもしれません。ただ、開発部門で働くのか、それとも営業部門で働くのか。そしてその会社の方針によっても違いはありますから、これも下調べが必要になります。

 

最後に土日の休みですが、これは比較的安定して取れると思って良いでしょう。製薬会社も企業の一つです。企業は一般的に土日を休みにしていますから、必然的にそこで働く社員や薬剤師も土日は休みになるのです。

 

こうして書いていくとわかりますが、製薬会社で薬剤師として働いた場合の勤務時間や勤務形態は、比較的苦にならないものだと思います。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談