企業で働く薬剤師の就職率・離職率はどうなってるの?

MENU

企業で働く薬剤師の就職率・離職率はどうなってるの?

企業で働いている薬剤師の就職率や離職率はどのようになっているのでしょうか?結婚や引っ越しといった止むを得ない事情で企業薬剤師の仕事を辞する人もいます。

 

しかし、そういった理由以外でやめる人もいるかもしれません。例えば、世に言うところのブラックな職種である場合、長く仕事をするのは厳しいかもしれません。そういう事情があると離職率などに影響してくることもあります。

 

反対に人気の仕事である場合、就職率は当然跳ね上がります。それと同時に倍率も上がりますから、就職活動や転職活動を行う際に、企業で働く薬剤師を選択肢に入れるのか、また滑り止めはどうするかなどの参考にもなります。

 

しかし、現状では企業で働く薬剤師のこういった情報はあまり出ていません。薬剤師という大きなくくりの中での就職率、離職率のデータはあるのですが、企業で働く薬剤師限定となると中々調べるのも大変でしょうからね。

 

ですが、薬剤師自体の需要は相変わらず高い推移をキープしています。薬剤師が飽和状態と言われる現代でも全然そんなことを感じさせないくらいです。ですから、今後も企業で働く薬剤師の就職率は上がっていくのではないかと思います。

 

表立ったデータはなくとも、薬学大学に通う学生が依然として多いことがこれらの根拠でもあります。ただ、企業で働く薬剤師といっても行う仕事は幅広いです。ですから、働く前に自分が想像していた企業で働く薬剤師とは大きなギャップがあるかもしれませんが、先ずは企業研究などを初めて見ては良いかもしれません。

 

企業研究を行うことでその会社個人の就職率や離職率は調べることができますからね。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談