スポーツファーマシストってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた

MENU

スポーツファーマシストってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた

一般的な薬剤師ならば、病院で苦しむ患者さんや薬局などに薬剤を購入しに来られた消費者を相手に薬剤に関する情報提供やアドバイス等を行うのが主な仕事内容かと思いますが、スポーツファーマシストは少し違います。

 

 

患者に薬剤の提供などを行うのではなく、至って健康的なスポーツ選手を相手に薬剤の情報提供・アドバイスを行う事が主な仕事です。

 

 

もちろん出場選手に風邪や怪我等何らかのトラブルが生じるケースもありますが、あくまでも大会に出場出来るほどの健康体である方が対象となります。

 

 

即ち、指導対象が患者ではなくスポーツ選手と言った事が最大の特徴なのです。

 

 

スポーツに関する大会などでドーピング検査にひっかからない様にアドバイスを行うこと使用可能な薬剤を伝えること、故意によるドーピング行為の撲滅運動等、細かい業務内容を並べてみてもスポーツ界と大きな係わりをもつ仕事である事が分かるかと思います。

 

 

出場選手に安心して大会に挑んでもらうこと、出場選手に自分自信がもつ能力を不正なく最大限にだしきってもらえるように勤める事。

 

この姿勢こそが、スポーツファーマシストのあり方と言えます。

 

 

薬剤師の仕事の中でも特に特徴的な仕事であるスポーツファーマシストの仕事は、スポーツ界や選手にとって非常に重要な仕事であることは言うまでもありません。

 

それ故に、求められるあり方も特徴的かと思いますが最終的に選手の体を考えて指導する事が1番大切な事かと思います。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談