スポーツファーマシストの就職率・離職率について調べてみた(^^)

MENU

スポーツファーマシストの就職率・離職率について調べてみた(^^)

せっかく就職をしたり転職をしたりしたら、少しでも長く勤めることを求めなければいけません。やはり安定して働くという事を誰しも考えるはずです。

 

そこで注目になるのが離職率です。離職率はそれぞれの職場ごとに出されたり、業界全体として出されたりすることもあります。まずは業界全体を調べまして、その上で調べられるのであれば職場のものを調べるべきです。

 

■スポーツファーマシストの離職率をチェック

 

まずスポーツファーマシストの離職率を調べる前に、薬剤師の離職率をチェックしましょう。なぜチェックするのかという事ですが、実は薬剤師が講習などを受けることでスポーツファーマにストになれるからです。ですので、まずは薬剤師全体の離職率をチェックします。

 

薬剤師は、だいたい10パーセント前後の離職率になっていることが多いです。この数字はそれほど高いとは言えません。全体の職業の離職率は16パーセントとも言われているほどなので、それと比べると低めになるでしょう。

 

しかし、一定年齢以上で急に離職率もアップします。30代になると離職率がアップしますので注意が必要です。年収の関係でなかなかアップしにくくなるので、転職に活路を求めるわけです。

 

では、スポーツファーマシストの離職率ですが、まだ詳しい数字が出てきていません。それほど人数が多い業種でもありません。ただ、一般的にはそれほど高くないのではないかと言われています。ですから、離職率はかなり少ないとみて間違いないわけです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談