他とは一味違うスポーツファーマシストの役割とは?

MENU

他とは一味違うスポーツファーマシストの役割とは?

どんな仕事であっても何らかの役割が存在するかと思います。

 

その中で自分自身が仕事を通じて出来る事を行いそれを提供できて始めて給与を得る資格が生まれるのだと考えます。

 

 

薬剤師の仕事は主に、病気で苦しむ患者に薬剤の提供を行ったり店舗などで薬剤を購入しに来られた消費者に対して情報提供を行う事が本来の役割と言えますが、スポーツファーマシストは名前からも多少連想出来るかと思いますが一般的な薬剤師とは一味違います。

 

 

薬剤に関する知識を提供する事自体に変わりはありませんが、それをスポーツに携わる方へ伝えると言う点が他の薬剤師と大きく違います。

 

 

言うならば、ドーピング防止活動を積極的に行い不正をなくす事、また薬剤を必要としているスポーツ選手に使用する事が許されている薬剤を教え最高のコンディションで不正なく競技に挑んでもらう事。

 

 

それこそが、スポーツファーマシストの他とは一味違う最大の役割です。

 

 

スポーツ界の歴史を振り返ってみると残念な事に、自分の記録と戦う途中で時にプレッシャーなどの重圧に負け不正なドーピング行為に走ってしまったスポーツ選手も少なくはありません。

 

 

しかし、その様な薬剤には副作用がある事も多いですし、依存し量が増せば命の危険性をも脅かす存在にもなりかねません。

 

また精神面においてもスポーツマンとして有るまじき行為でありフェアに戦うと言う選手声明にも反する事です。

 

 

不正なくフェアに競技に挑んでもらえるようにする事や出場選手の体を1番に考え薬剤を判断する事は、正にスポーツファーマシストの役割でもあり存在意義とも言える事でしょう。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談