薬剤師

MENU

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談

薬剤師と言う職業自体に明確な年齢制限はありません。仕事の内容が力仕事ではないという事もあり、実際に働く薬剤師の年齢を見ても、20代後半の方から70歳代の方まで幅広い年代の方が働いています。薬剤師の国家資格自体、特に更新が必要な資格ではないため、悪い職場などにあたりさえしなければ一生働いていくことができる職業です。薬剤師へ転職する場合、40歳くらいまでという制限を設けているところもあるようですが、地...

薬剤師と言う職業の共通のやりがい・魅力としては、その知識が人の役に立っていると感じる事ができる事です。薬は日常生活の中で多くの人が必要とし、使用しているものです。その薬に対して専門的な知識を持っているというだけで、色々な人の役に立てる可能性が出てきます。また、実際の薬剤師の業務をこなす上でも、自分が調剤した薬のおかげで病気が治ったり症状が軽くなったら、薬剤師本人としてもうれしくなりますし、患者の方...

薬剤師は、薬剤師そのものになるためのハードルが高い職業であるため、求人を探す場所にもよりますが、薬剤師の資格さえ取っていれば新卒で薬剤師になる事はそこまで難しい事ではありません。調剤薬局やドラッグストアであれば全国どこでも求人があります。特に薬学部などの学科がない地方の都道府県では薬剤師がかなり不足している状態であるため、調剤薬局やドラッグストアだけではなく、製薬会社などの求人もあります。また、新...

薬剤師に限らず、仕事にはそれぞれ向き・不向きと言うものがあります。折角苦労して薬剤師の国家試験に合格しても、薬剤師と言う仕事に向いておらず、薬剤師を辞めてしまうという人も中にはいます。薬剤師に向いていると言われる人がどのような人なのか、一例を挙げさせて頂きますので、もし、これから薬剤師を目指そうと思っているのであれば、自分の性格が薬剤師をやっていく上で向いているのか、向いていないのか、一度よく考え...

薬剤師は常に薬を扱って研究などをしているようなイメージを持たれがちですが、半数以上の薬剤師は薬と向き合う時間よりも人と向き合う時間のほうが多いです。当然その人間関係(職場内での人間関係、職場以外の人との人間関係)の中で生まれる悩みもあるようです。いくつか薬剤師の方の体験談をご紹介します。【ケース1:意識の低い薬剤師が多い】私は薬剤師として、「間違いの許されない薬というものを扱うんだ」、「患者に間違...

一口に「薬剤師」と言ってもその仕事や業務内容は非常に様々なものがあります。私たち一般人が「薬剤師」と聞いて最初に思いつくのは、やはり調剤薬局やドラッグストアの薬剤師さんでしょう。調剤薬局勤務の薬剤師の業務内容は大方の想像通り、患者の処方箋に基づいて各種薬の調剤を行うことと、その薬の効果や副作用などを患者に詳しく説明する事です。(服薬指導)誰しも少なくとも1度は、病院に行った後そこでもらった処方箋を...

薬剤師に限らず、面接で聞かれる事や履歴書には必ず「志望動機」や「自己PR」が含まれています。今までの人生で最低限1度くらいはアルバイトの面接や高校・大学受験で考えた事があると思いますが、難しかった思い出があるのではないでしょうか。薬剤師の場合の「志望動機」や「自己PR」を考えるにあたって、ポイントとしては2つあります。■ポイント1:その職場で何をしたいのかを明確に伝えるその職場に就職してから自分が...

薬剤師の平均年収は約530万円程度で、直近10年の推移をみると微増という感じです。月収ベースでみると約35万円〜40万円前後で年間賞与額(ボーナス)は80万円前後となっています。また、ドラッグストアなどで働く時給制の薬剤師の場合の時給はおよそ1,800円〜2,500円程度のようです。サラリーマン全体の平均年収が400万円そこそこである事を考えると、薬剤師の年収は比較的高めであるという事ができます。...

厚生労働省が発表した数値によると、現時点で薬剤師の需要よりも供給量のほうが多いという結果になっています。需要と供給の数を比べると数万人レベルで供給のほうが多いというデータになっているため、このデータだけ見ると薬剤師は今現在たくさん余っている状態で就職が非常に厳しいように感じてしまいます。しかし、実際は今現在薬剤師という職業は完全な売り手市場であると言われています。要するに薬剤師の供給量=薬剤師の人...