薬剤師の面接対策!志望動機・自己PRのポイントとは?

MENU

薬剤師の面接対策!志望動機・自己PRのポイントとは?

薬剤師に限らず、面接で聞かれる事や履歴書には必ず「志望動機」や「自己PR」が含まれています。

 

今までの人生で最低限1度くらいはアルバイトの面接や高校・大学受験で考えた事があると思いますが、難しかった思い出があるのではないでしょうか。

 

薬剤師の場合の「志望動機」や「自己PR」を考えるにあたって、ポイントとしては2つあります。

 

 

■ポイント1:その職場で何をしたいのかを明確に伝える

 

その職場に就職してから自分が何をしたいのかを明確にすることで好印象を与える事ができます。

 

 

■ポイント2:自分に向いている事をアピールする(即戦力である事を伝える)

 

就職したい職場の仕事を理解した上で、なぜ自分にはその職場が向いているのかという事をしっかりアピールしましょう。

 

 

例えば「薬を扱うという絶対に間違ってはいけない職場が、集中して正確な事が得意な自分に向いている」といった内容が志望動機となりますが、この文章のままでは具体性にかけるため、面接官にあまりいい印象を与えることは難しいです。

 

なんとなくどういう事を伝えればいいかがわかっていても、それを実際に文章にして書いたり話したりすることは苦手な人も多いと思います。

 

そのような人にお勧めなのが薬剤師専門の就職・転職サイトを利用する事です。

 

薬剤師専門の就職・転職サイトでは、1人1人にコンサルタントが担当者として付き、履歴書の記載内容や面接時の受け答えについてアドバイスをもらう事ができます。

 

しかも無料で利用できるので、1人で悩むようであれば一度利用してみてはいかがでしょうか。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談