薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

MENU

薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

薬剤師に限らず、仕事にはそれぞれ向き・不向きと言うものがあります。

 

折角苦労して薬剤師の国家試験に合格しても、薬剤師と言う仕事に向いておらず、薬剤師を辞めてしまうという人も中にはいます。

 

薬剤師に向いていると言われる人がどのような人なのか、一例を挙げさせて頂きますので、もし、これから薬剤師を目指そうと思っているのであれば、自分の性格が薬剤師をやっていく上で向いているのか、向いていないのか、一度よく考えてみるのもいいかもしれません。

 

 

【薬剤師に向いている人】
1.丁寧で几帳面な人

 

薬剤師は人の命に関わる仕事です。

 

薬剤師がもし患者に渡す薬や量を間違えたり、薬の服用方法を間違って伝えてしまったりしたら取り返しのつかない事になってしまいます。

 

また、医者の処方箋がその患者の症状に対して本当に適切な薬を処方するような指示になっているのかを確認する最後の砦でもあります。

 

そのため、薬剤師は勤めている調剤薬局にある薬の種類やその特徴などを全て把握しなければなりません。

 

また、今ある薬の有効期限やその薬がどこに保管されているのかといった事も全て把握する必要があります。

 

そのため、丁寧で正確な仕事を地道にこなす事ができる几帳面な人が向いているのです。

 

 

2.社交的な人

 

薬剤師の仕事は、その名前から「薬」を扱っている時間が非常に多いように思われる人も多いと思います。

 

当然、「薬」を扱っている時間も多いですが、それと同じくらい人と接する時間も多い職業です。

 

薬剤師の仕事には服薬指導(薬を正しく使用してもらうために患者に薬の効果や使用方法などを説明する)も含まれており、特に調剤薬局で働く薬剤師の人は1日で非常にたくさんの患者と接しながら仕事をしています。

 

患者の中には色々な人(薬の説明をちゃんと聞こうとしない人、待ち時間が長くてイライラしている人など)がいますので、どのような患者に対してもちゃんと薬を使用してもらえるようにその患者にあった接し方をしなければなりません。

 

そのため、社交的で人と接する事が好きな人が向いているのです。

 

 

上記はあくまで一例です。

 

薬剤師と一口に言っても様々な仕事がありますので、自分が上記のような性格ではなかったとしても、必ずしも薬剤師でやっていけないというわけではありません。

 

もし上記のような適正をもっていなくても、薬剤師をやっていきたいという強い思いがあれば、薬剤師をやっているうちに自然と身につけることも不可能ではないのです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談