薬剤師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

MENU

薬剤師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

一口に「薬剤師」と言ってもその仕事や業務内容は非常に様々なものがあります。

 

私たち一般人が「薬剤師」と聞いて最初に思いつくのは、やはり調剤薬局やドラッグストアの薬剤師さんでしょう。

 

調剤薬局勤務の薬剤師の業務内容は大方の想像通り、患者の処方箋に基づいて各種薬の調剤を行うことと、その薬の効果や副作用などを患者に詳しく説明する事です。(服薬指導)

 

誰しも少なくとも1度は、病院に行った後そこでもらった処方箋を持って調剤薬局に行って薬をもらった事があると思いますので、一番ポピュラーな薬剤師ではないでしょうか。

 

ドラッグストアの薬剤師の仕事は、調剤薬局の薬剤師とは少し違い、患者に薬の説明などをする事以外に、そのドラッグストアの内での接客や薬のディスプレイ、在庫管理など店舗業務も含まれます。

 

こちらも調剤薬局の薬剤師と同じくらい我々一般人にとってはポピュラーだと思います。

 

また、それ以外にも病院で勤務する薬剤師や、製薬会社で勤務する薬剤師などがあります。

 

病院で勤務する薬剤師の仕事は、その病院内での調剤や、病棟で入院している患者への服薬指導などです。

 

製薬会社で勤務する薬剤師の場合は、前述の薬剤師のように患者への服薬指導などではなく、主に新薬の開発などです。

 

ここで紹介した以外にも、MR薬剤師(新薬や医療機器の営業)、臨床開発薬剤師(臨床試験の実施)、学術薬剤師(研究開発)、治験CRA薬剤師(治験のモニタリング)などなど、薬剤師の仕事はとても幅が広く多岐にわたっています。

 

一般人の想像が及ばないほど、薬剤師の仕事や業務内容は働く場所などによって様々なバリエーションがあるのです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談