薬剤師の転職術!薬剤師の応募に年齢制限はあるの?

MENU

薬剤師の転職術!薬剤師の応募に年齢制限はあるの?

薬剤師と言う職業自体に明確な年齢制限はありません。

 

仕事の内容が力仕事ではないという事もあり、実際に働く薬剤師の年齢を見ても、20代後半の方から70歳代の方まで幅広い年代の方が働いています。

 

薬剤師の国家資格自体、特に更新が必要な資格ではないため、悪い職場などにあたりさえしなければ一生働いていくことができる職業です。

 

薬剤師へ転職する場合、40歳くらいまでという制限を設けているところもあるようですが、地方に行けば行くほど薬剤師自体が不足しているという現状があるため、60歳くらいでも求人募集しているというところもあります。

 

ただ、都心部では、地方ほど薬剤師不足が深刻ではないため、前述のように40歳くらいまでという制限を設けているところも少なくないようです。

 

また、薬剤師への転職を考えた際、既に薬剤師の国家資格を持っているのであれば問題ありませんが、これから資格を取得して転職をする、と考えている場合は注意が必要です。

 

というのも、薬剤師になるためには、まず薬剤師の国家試験の受験資格を得るために6年制の薬学部のある大学に通って卒業する必要があり、また、受験資格を得たとしても国家試験が難問であるために1回の受験で合格というのが難しいためです。

 

例えば30歳で資格のない状態から薬剤師を目指そうとした場合、最短でも6年〜7年、1、2度の留年や国家試験の不合格があると10年近くかかってしまい、国家試験に合格したころには既に40歳を過ぎているという事になってしまう可能性が十分にあるのです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談